宗谷本線 秘境駅・糠南駅

虫のための駅

大草原のなか、ぽつんと取り残された物置と朝礼台。1日の汽車は3本。周りは見渡す限りの牧草地・雪原。なぜこんなところに駅があるのか、そして本当に駅なのか。そう思うはずです。物置で静かにたたずんでみると、心が洗われていく。日々のあんなことやこんなことが小さく思える。そんなつまらないようで贅沢な時間を、一度体験してみてください。きっと虜になることでしょう。

JR宗谷本線

北限へ続く一本道

日本最北端の地、稚内へと通ずる宗谷本線。糠南駅は宗谷本線の北より、宗谷半島に位置しています。ひたすら続く平原、雄大な天塩川、海の向こうには雪化粧をした利尻富士。その先にある最北の地に心躍らせ、雪がしんしんと降るなか、1両のディーゼルカーで北へ。雄大な車窓の一角に、忘れられたかのようにその駅はあります...。

ホーム

簀の子の朝礼台

優雅に曲がる線路。そこに寄り添う1両もないホーム。糠南駅のホームは木の板張りです。ファンの間で「板駅」と呼ばれるこの構造も、糠南駅が秘境駅たる所以です。

待合室

ヨド物置でお待ちください

ホームから伸びる板の先には、ヨドの物置が。窓が付いているようです。扉を開けると、中には小さな椅子や時刻表。糠南駅の待合室は物置を改造したもので、今も地元の方やヨドコウさまのご厚意によって維持されています。

列車本数

19時44分発最終列車

糠南駅の列車本数は1日に上下3本ずつ。早朝に1本、昼に1本、夜に1本です。1日の利用者は1人未満。誰か1人でも糠南駅から列車に乗れば、その日は繁盛したことになります。

ファンたちの愛着

それでも、愛される

周りには何もなく、利用者もほとんどいない。もう誰も見向きもしなくなったようです。
しかし、駅の想い出ノートには連日ファンたちの熱い想いがつづられています。地元の方が、待合室の管理や除雪にやってきます。
時にはファンたちが集まってイベントを開くこともあります。クリスマスパーティを毎年開催し、ファンらによる駅の補修イベントも開催予定(2017年7月現在)です。列車と徒歩のみで秘境駅を巡る企画や、その他にもたくさんの不定期イベントが行われます。
誰もいないように見えて、愛されているのです。

糠南駅の現実

JR単独では維持困難

日本は資本主義の国です。何をするにもお金が必要です。しかし、国鉄時代と異なり、黒字路線がひとつも存在しない道内のみで経営するJR北海道。分割民営化の際に救済策として積み立てられた基金も、近年の低金利のなか運用益が低下。事故や不正も相次ぎ、安全への投資に今まで以上に力を入れることになりました。その結果、従来の合理化策では会社として維持できなくなってきました。そんな中、人のいない地域を延々と走る路線に廃止が迫っているのは言うまでもありません。
糠南駅や宗谷本線も例外ではありません。利用のほとんどない駅に列車を止めても、軽油と圧縮空気の無駄遣いにしかなりません。2016年8月、糠南駅が位置する天塩郡幌延町に、駅を廃止する意向が伝えられました。
JR北海道の経営状況について詳しく

幌延町の今

駅を守るのはJRではない

幌延町は、「糠南駅を含む幌延町の秘境駅群は町おこしの主軸だ」として、町民の意見を聞いたうえで税金を投入し、1年間維持することを決定しました。そのうえで、町内で先ほどのようなさまざまな鉄道イベントを開催しています。
しかし、雪国の駅を維持する費用は決して安くはありません。幌延町は比較的財政に余裕がありますし、積極的に人を呼び寄せて成果を上げてはいますが、長年にわたって駅を維持できる保証はないのです。
幌延町の財政について詳しく

支援のご案内

あなたも駅を残しませんか

こういった駅の維持費は幌延町が負担しています。しかし公費を使っている以上、幌延町にとって何らかの効果が現われなければ中止となる可能性もあります。秘境駅を訪れるときは列車で。そしてJR北海道と地元にお金を落とす。そういったことが旅人に求められています。また、幌延町では「あなたが守る秘境駅プロジェクト・マイステーション運動」を展開していて、「ふるさと納税」という金銭的な支援と、駅の補修といった人的な支援への門戸を開いています。直接訪れることが難しい場合は、このような制度を活用して幌延町を支援することもできます。あなたも、こういった活動に協力してみませんか。
幌延町へのふるさと納税